プロフィール

3歳より母親の手ほどきでヴァイオリンを始める。

12歳でブルッフヴァイオリンコンチェルトをオーケストラと共演。全日本学生音楽コンクール入選。東京音楽大学付属高校、東京音楽大学特待生入学。八千代市文化振興財団留学助成金受領。その後渡欧し、ウィーン国立音楽大学首席卒業。ソリストコンクール入賞、東京交響楽団とのメンデルスゾーン協奏曲共演、オーストリアでは教会ミサや福祉施設、ブラームスハウスでの演奏等、国内外で演奏活動を行う。

世界各国の女性ソリストで結成されたスーパー・ポップ・インストゥルタルユニットUNISONのメンバーとして活動。結成と同時にCDMusic Box』をリリース。その他、これまでにCD『REMEMBLANCE』『祈り』『La Vita』をリリース。現在はジャンルにとらわれず多岐にわたる音楽活動を展開。ソロ活動の他、ライムレディースオーケストラ コンサートミストレスを務める。J-popアーティストのサポートとしてレコーディングも多数。

後進の指導にも力を注ぎ日本クラシック音楽協会より優秀指導者賞を受賞し、日本クラシック音楽コンクール全国大会審査員。

これまでに武田絹子、山岡耕筰、大谷康子、松本善三、久保陽子、東彩子、フランツ.サモヒル、松原広地各氏に師事。病院や福祉施設でのボランティア演奏も定期的に行っている。